コラム

コラム

2016.05.04

ED治療とうつ病 

実は「EDの原因はうつ病のせいだった」、などEDとうつ病は密接な関係にあります。今回は、うつ病がどのようにしてEDに影響しているのか、詳しくお伝えしていきます。

うつ病とは?

最近ではよく「うつ病」という言葉を耳にします。
うつ病とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分、興味や意欲活動が低下することや、焦燥(イライラしたり、あせるなど)、食欲低下、不眠、突然の悲しみ、不安などの症状が特徴の精神障害のことです。
うつ病になりやすい人は遺伝的要因、ストレスを受けやすい真面目な性格な人が多いです。劣等感を強く感じたり、仕事や学校などの外的なプレッシャーに耐えられず、自己否定、嫌悪が強くなっていき、抑うつ状態になり生活に支障が生じて、精神的に追い詰められてしまい、発症してしまいます。

うつ病とEDの関係性

うつ病とEDの関係は、テストステロン(男性ホルモン)が深く関係しています。性欲亢進、生殖器発育に影響を与えるのがテストステロン(男性ホルモン)です。加齢によってテストステロンの分泌量が低下し、EDを引き起こしてしまうことがあります。うつ病の方は、テストステロン値が低いされています。テストステロン値の低下に伴うED症状、うつ症状などは、LOH症候群(男性更年期障害)と呼ばれています。
EDには種類があり、精神に起因する「心因性ED」、身体的機能不全からくる「器質性ED」、その2つの複合する「複合性ED」、特定薬剤によって引き起こされてします「薬剤性ED」があります。
うつ病になってしまうと、上記で書いたEDになる可能性があるということが分かっています。
日常生活からくる人間関係や、ストレスによって抑うつ状態になり、憂鬱な気分から様々な行動に対する意欲がなくなってします。そういった憂鬱な気分、意欲減退がEDになってしますケースがあります。
勃起にするには、脳から信号を送り海綿体に血液がいくことによって硬く大きくなります。しかし、うつ病などで性的刺激(興奮)が脳に十分伝わらず、うまく勃起することができなくなってしまいます。

うつ病のED治療はED治療薬の服用が第一選択

軽いうつ病なら、バイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)などのED治療薬(PDE5阻害薬)によって、血管拡張作用により血流が増加することによって効果を発揮し、勃起することができます。医師と相談しED治療薬の種類と用量を決めて服用してください。うつ病のED治療にはバイアグラ、レビトラ、シアリス、バイアグラジェネリックなどED治療薬が非常に効果的です。ED治療薬の服用はうつ病に治療には影響しませんのでご安心ください。しかし、重度の抑うつ状態や、特定の向静神薬などを服用していると状態ですと効果が十分にでない場合もあります。

抗うつ剤とEDの関係性

うつ病の治療には、抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬など種類があり、うつ病の治療で服用するお薬の中には、副作用で性機能を悪化させてしまうものがあります。

現在有名な抗うつ薬には、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) などです。セロトニン・ノルアドレナリンを再取り込みしようとするセロトニントランスポーターの働きを阻害してくれます。セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込みを防ぐことによって、脳内シナプスの隙間のセロトニン・ノルアドレナリン濃度が高まることで、神経の伝達が良くなり精神が安定しすることによって落ち着くことができます。他の受容体に、ほとんど作用しませんので、副作用も少ないです。SSRI、SNRIの中には、性機能障害を認めるものも存在します。ED治療薬と併用することは問題ございませんので、安心して使用可能です。
しかし、抗うつ剤などを服用していてED治療薬も服用したくなったら自己判断するのはなく、専門クリニックに行き、医師と相談してください。

薬剤性EDを引き起こす可能性がある薬一覧

薬剤性EDを引き起こす可能性がある薬一覧です。  参考:日本性機能学会

薬剤名
抗うつ剤 ・SSRI(ルボックス、ジェイゾロフト、デプロメール、パキシル、レクザプロなど)

・SNRI(サインバルタ、トレドミンなど)

・三還系抗うつ病(トフラニール、トリプタノールなど)

抗精神剤 ・フェノチアジン系(ノバミン、ウインタミン、コントミン)
降圧剤 ・サイアザイド系利尿剤(フルイトランなど)

・ループ利尿剤(ラシックス)

・中枢交感神経抑制剤(ワイテンス、カタプレッド、アルドメット)

・末梢性交換神経抑制剤(ベハイドRA、アボブロン)

・α遮断薬(バドメット、デタントール、エブランチル、カルデナリンなど)

・β遮断薬(セレクトール、ハイパジール、ケルロング、インデラル、セレカル、アセタノール、テノーミン、メインテート、サンドノーム、セレカル、ナディックなど)

・αβ遮断薬(アルマール、アーチスト、ローガンなど)

・Ca拮抗剤(ノルバスク、ランデル、バイロテンシン、コニール、アダラート、アムロジン、アテレック、ムノバールなど)

・ACE阻害薬(レニベース、アデカット、ロンゲス、チバセン、コナン、カプトリン、セタプリン、インヒベース、タナトリン、エースコールなど)

・アンジオテンシン受容体拮抗薬(ディオバンなど)

睡眠剤 ・バルビツール系(イソミタール、ラボナなど)
抗潰瘍剤 ・H2受容体拮抗薬(ダガメット、アルタット、ガスター、サンタック、アシノンなど)
抗てんかん剤 ・抗てんかん剤(フェノバール、テグレトール、プリミドンなど)
脂質異常治療薬 ・スタンチン系(クレストール、リバロ、リボバス、リビトール、ローコールなど)

・フィブラート系(ベザトールSR、トライコラ、リポクリンなど)

以上の薬を使用している方は、EDを併発する恐れがあるので、ご注意ください。

ED治療・早漏治療ならユナイテッドクリニック(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)まで

ED治療・早漏治療のユナイテッドクリニック東京の各院ではED治療薬のバイアグラ処方・レビトラ処方・シアリス処方・バイアグラジェネリック(シルデナフィル)処方、早漏治療薬のプリリジー処方を東京最安値でできるよう目指しています。

当院ではED治療・早漏治療のご相談や治療薬の処方を致しております。思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。

ED・男性更年期障害に効果がある亜鉛ビタミンBマカ等の取り扱いも致しており、様々な悩みに対応することができます。

アクセス良好(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)

新橋ユナイテッドクリニックは下記の駅から徒歩で受診でき、非常にアクセス良好です。JR新橋駅銀座口をでて直進していただくと1分弱で当院(リプロ新橋4階)にお越しいただけます。ビルの前には東京メトロ銀座線新橋駅2番口、ビルの1階はファミリーマートです。

JR新橋駅(銀座口) 徒歩0分
 東京メトロ銀座線 新橋駅(2番口そば)  徒歩0分
 ゆりかもめ 新橋駅・汐留駅 徒歩2分(新橋駅)
 都営浅草線(京急線乗り入れ) 新橋駅  徒歩3分
 東京メトロ大江戸線 汐留駅  徒歩5分

また東京モノレール浜松町駅から山手線に乗り換えて1駅で新橋駅に着きますので飛行機で東京にお越しの方にもアクセス良好です。

(新橋・銀座・浜松町・汐留・有楽町・東京・京橋・築地・虎ノ門・赤坂・日比谷・霞が関・大門・麻布・六本木・愛宕・芝公園・竹芝等の方には特にアクセスしやすいと思います。)

処方価格はお薬代のみ プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力致します。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院頂けるようプライバシーに最大限の配慮を致しております。

池袋院・上野院・新橋院・大宮院・横浜院へお越しください

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院  JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分
 上野院  JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルジング8階)
 新橋院  JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階)
 大宮院  JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階)
 横浜院 JR横浜駅西きた口、西口徒歩3分

また新橋駅には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川、等、東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・千葉・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されています。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6264-6480
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト