コラム

コラム

2016.05.23

LOH症候群とは 

新橋ユナイテッドクリニックでは男性ホルモンの維持に重要な亜鉛や高濃度ビタミンBの処方をいたしております。女性では有名な閉経前後に起こる更年期障害ですが男性にも更年期障害があります。NHKの「ためしてガッテン」などで紹介され、少しづつ認知度が上がってきました。男性更年期障害は正しくはLOH症候群と言います。どのような疾患なのでしょうか?

LOH症候群とは

女性特有の悩みとされていた更年期障害ですが、近年では男性にも更年期障害があると注目が集まっています。LOH症候群(男性更年期障害)は女性の更年期と比べるとあまり知られていません。なんとなく調子が悪い、だるい、疲れやすいなど、怠け者に見えてしまう症状のため周囲の理解が得られずに苦しんでいる方も多数存在します。

LOH症候群(男性更年期障害)の原因は男性ホルモン(テストステロン)の低下です。男性ホルモンは20代にピークを迎えてから徐々に低下していき、加齢とともに症状が現れていきます。男性ホルモンは第二次性徴を促す物質として知られていますが、成人以降も筋肉や骨の形成、造血機能や脂質代謝などの全身のさまざまな生理的な活性を促す働きを担っています。LOH症候群は、疲労感や倦怠感、ED,性欲低下、不眠や肩こり、集中力の低下、抑うつなど症状は多岐に渡ります。ゆっくり進行するため本人も病気という認識が薄く、また病院へ行っても異常なしと診断されることも多いので、症状が当てはまる方はLOH症候群(男性更年期)ガイドラインにしたがって確認してみましょう。

LOH症候群のED治療と対策

亜鉛、ビタミンBの摂取

LOH症候群は生活習慣の改善から男性更年期障害の対策を行うことになります。漢方薬での治療やED治療薬の服用で治療を行うことが一般的です。亜鉛やビタミンBを摂取することでテストステロンが低下せずに維持できることが報告されています。亜鉛は摂取・吸収するのが難しいミネラルとしても知られています。牡蠣や豚レバーなどに亜鉛が多く含まれていますが、食品だけで1日の推奨量を摂取することは非常に難しく、またカルシウム・食物繊維・カフェインなどは亜鉛の吸収を妨げる作用があります。サプリメントなどを上手に活用し、亜鉛不足を解消することが必要です。ビタミンBにはテストステロンを増加させる効果があります。正確には、アリシンという成分とビタミンB1が結合してアリチアミンとなり、これがテストステロンを上昇させると考えられています。胚芽米や玄米などに多く含まれています。昔は白米にも含まれていましたが精米技術の向上もあり米ぬかが綺麗に取り除かれるようになった現在では白米からの摂取はあまり期待できません。

睡眠

睡眠不足はテストステロンの低下を招きます。しっかりとした睡眠はテストステロンの維持に非常に重要な要素です。EDはストレスが原因になることもあります。疲労やストレスなども睡眠によって解消されますので、睡眠が少ないとストレスも解消されずテストステロンの低下も招きED治療にとってはいい結果を招きません。またラットの実験結果では不眠で1日目からテストステロンの低下が見られました。その後に十分な休息と睡眠を与えても4日間は低下が改善しなかったことが報告されていますので、1日徹夜をしてしまうと最低でも4日間はテストステロンの低下が続いてしまうことになるので、規則正しい生活を心がけることが大事になります。

飲酒(アルコール)

アルコールを摂取するとテストステロンが低下することが分かっています。アルコールの摂取量の増加に伴ってコチゾールの分泌量が増えるためにテストステロンの低下が起こります。コチゾールは副腎から分泌されるホルモンで、コチゾールの分泌量が増加するとテストステロンの分泌量が低下するため過度なアルコールの摂取は控え、摂取する場合は適度な量を心がけるようにしましょう。また。タバコもアルコールと同様にコチゾールの分泌を増加させますので、禁煙もしくは本数を減らすようにしましょう。

運動不足

運動不足もテストステロンの低下を招いてしまう要因になります。筋肉トレーニングや短時間の運動はテストステロンを増やす効果があります。しかし、有酸素運動はテストステロンの分泌量に影響を与えません。むしろフルマラソンのような長時間の運動はテストステロンの分泌量を低下させるため、注意が必要です。また運動時に水分の補給を行うことも非常に重要で、脱水状態はテストステロンの分泌量を減少させてしまいますので、こまめな水分補給を行いながら筋肉トレーニングなどを行いましょう。

ホルモン補充療法

テストステロンの不足はホルモン注射で補充することも可能です。ホルモン補充療法を行うには医師の診断が必要になります。医師との問診を行い、採血、テストステロンの計測、前立腺触診などを行います。検査の結果ホルモン治療の対象であった場合、筋肉注射などで直接体内に注射をします。直接注射を行うため、効果も非常に高いとされていますが、使用量に注意が必要となり1週間~3週間おきに投与が必要がなります。また副作用が強いことが知られており、前立腺肥大、肝機能の異常、多血症、前立腺がんなどが知られています。特に多血症や肝機能の異常が多く、数カ月おきに血液検査受ける必要もあります。その為、ユナイテッドクリニック各院ではホルモン補充療法をおすすめしておりません。男性更年期障害には亜鉛やビタミンBの摂取、ED治療にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどの治療薬の服用をおすすめ致します。

LOH症候群(男性更年期障害)のED治療

LOH症候群(男性更年期障害)の食生活による改善には亜鉛やビタミンBの摂取、規則正しい生活・食事が重要です。亜鉛の摂取は食事では難しく、またビタミンBは摂取してもすぐに体外に排出されてしまいます。そのため新橋ユナイテッドクリニックでは高濃度の亜鉛や長時間作用型のビタミンBの取り扱いをしており、LOH症候群(男性更年期障害)対策を行うことができます。

またLOH症候群(男性更年期障害)の症状の一つであるED、早漏も新橋ユナイテッドクリニックで対応することができます。LOH症候群(男性更年期障害)のED治療にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬が効果を発揮します。バイアグラやシアリスなどは近年アンチエイジング効果が報告されています。またレビトラはしっかりとした薬の効果でEDを改善させることが可能です。早漏の薬剤プリリジーは自身の射精時間を3~4倍に延長するほか、パートナーの満足度を2倍に高めることができ関係性の改善が期待できます。

ED治療・早漏治療ならユナイテッドクリニック(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)まで

ED治療・早漏治療のユナイテッドクリニック東京の各院ではED治療薬のバイアグラ処方・レビトラ処方・シアリス処方・バイアグラジェネリック(シルデナフィル)処方、早漏治療薬のプリリジー処方を東京最安値でできるよう目指しています。

当院ではED治療・早漏治療のご相談や治療薬の処方を致しております。思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。

ED・男性更年期障害に効果がある亜鉛ビタミンBマカ等の取り扱いも致しており、様々な悩みに対応することができます。

アクセス良好(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)

新橋ユナイテッドクリニックは下記の駅から徒歩で受診でき、非常にアクセス良好です。JR新橋駅銀座口をでて直進していただくと1分弱で当院(リプロ新橋4階)にお越しいただけます。ビルの前には東京メトロ銀座線新橋駅2番口、ビルの1階はファミリーマートです。

JR新橋駅(銀座口) 徒歩0分
 東京メトロ銀座線 新橋駅(2番口そば)  徒歩0分
 ゆりかもめ 新橋駅・汐留駅 徒歩2分(新橋駅)
 都営浅草線(京急線乗り入れ) 新橋駅  徒歩3分
 東京メトロ大江戸線 汐留駅  徒歩5分

また東京モノレール浜松町駅から山手線に乗り換えて1駅で新橋駅に着きますので飛行機で東京にお越しの方にもアクセス良好です。

(新橋・銀座・浜松町・汐留・有楽町・東京・京橋・築地・虎ノ門・赤坂・日比谷・霞が関・大門・麻布・六本木・愛宕・芝公園・竹芝等の方には特にアクセスしやすいと思います。)

処方価格はお薬のみ・ プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力致します。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院頂けるようプライバシーに最大限の配慮を致しております。

池袋院・上野院・新橋院・大宮院・横浜院へお越しください

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院  JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分
 上野院  JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルジング8階)
 新橋院  JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階)
 大宮院  JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階)
 横浜院 JR横浜駅西きた口、西口徒歩3分

また新橋駅には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川、等、東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・千葉・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されています。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6264-6480
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト