コラム

コラム

2016.06.01

男性更年期障害(LOH症候群)とサプリメント 

男性更年期障害という言葉をみなさん聞いたことがあるでしょうか。「男性」ではなく「女性」の更年期障害の方が効き馴染みがあるかもしれませんね。

女性の更年期障害は非常に有名ですが、男性の男性更年期障害もNHKの「ためしてガッテン」でも取り上げられ一般に認知されるようになりました。

では男性更年期障害とはいったいどのようなものでしょうか?

男性更年期障害(LOH症候群)とは

女性の更年期障害というのは、一般的にホルモンが減少してしまう閉経を目安に、その前後の期間に起こる症状のことを指します。おもにエストロゲンという女性ホルモンの減少が原因とされ、自律神経失調症(顔ののぼせ・ほてり、発汗)、抑うつの症状が出やすいと言われています。

男性更年期障害(LOH症候群)も同様に、男性ホルモンの減少が主な原因です。しかし、女性と違って、明確な期間の基準がないことが大きく異なっています。日本人女性が閉経を迎えるのはだいたい50歳が平均とされており、そのくらいの期間に更年期障害の症状を確認できた場合、基本的には検査等を経ますが、ほとんどの方が適応であると診断することが出来ます。しかし男性の場合はホルモンの減少に目安となる明確な基準がなく、20~30台をピークに徐々に減っていくため、広い年齢層に適応する可能性がある上に、なかなか更年期障害であるとの診断がむつかしい面もあります。

血中男性ホルモン(テストステロン)の平均値

20代 30代 40代 50代 60代 70代
16.8 pg/ml 14.3 pg/ml 13.7 pg/ml 12 pg/ml 10.3 pg/ml 8.5 pg/ml

pg(ピコグラム=1兆分の1グラム)

男性更年期障害のという大枠の中に、「LOH症候群」というものがあります。これはまだまだ日本において認知が広がらない男性更年期を積極的に治療していこうという日本泌尿器学会のもとに提案され、現在徐々にテレビなどのマスメディアでも使われるようになってきました。血中のテストステロンの値が8.5~11.8 pg/ml の方を、「LOH症候群」として治療を促していきましょう、というもので男性更年期の基準の一つになり得るものとして広まりつつあります。

どのような症状?

男性更年期障害の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。前述のように男性更年期障害の原因は、テストステロンという男性ホルモンが加齢によって減少してしまうことにあります。テストステロンが担ってきた働きが失われていくことで、症状が現れるようになります。

1.身体の症状

汗の量が増える、火照りが気になる、耳鳴り・めまい・頭痛がする、肥満症になる、筋肉通の頻度が以前より増える、身体の節々に痛みを感じる、疲労感が抜けにくい、ひげが伸びにくくなる、動悸・息切れをする、胸に痛みを感じる、胸が締め付けられるような感じがする、

以上の症状が、肉体的な男性更年期障害の症状です。恐らく、日常生活の中でいくつかは経験されている方がほとんどなのではないでしょうか。このような症状がつづいてしまっている場合には、男性更年期障害も原因となりうるものの一つとしてとらえていただいたほうが良いです。特に寝起きなのに疲れが全く取れておらず、起き上がるのにも身体が重たく感じられる、という症状は男性更年期障害のものとして特徴的です。

2.心の症状

いらいらする、自分の絶頂期は終わったと思う、憂鬱な気分が続く、食が細くなった、寝つきが悪くなった、忘れ物が増えた、何に対しても気力がわかない、

以上が、精神的な男性更年期障害の特徴です。このような症状が長引いてしまうことで、うつ病にかかってしまう方もいらっしゃいます。うつ病とテストステロン値の相関関係については、現在まだよくわかっていないことが多いのですが、うつ病の方のテストステロン値を検査すると平均よりも低いとのデータもあるようです。このような男性更年期障害の心の症状はまだまだ理解が進んでいないため、「自分の怠惰なのでは」と一人で抱え込んでしまう方も多く、なかなか治療や克服に至らないのが実態です。

3.EDの症状

男性更年期障害によって、ED(勃起不全)の症状が現れる方もいらっしゃいます。まずきっかけとしては性的衝動が少なくなってしまうことがあります。マスターベーションの回数が減ってしまってことなども同様です。またより症状が重度になると、朝勃ちがなくなる・勃起はするが途中で中折れするということがあります。これは2の心の症状によるものと、テストステロンが担う造精の能力が下がってしまうことが原因です。精子の数が減ってしまうことで、EDの症状が現れやすくなることが言われています。

男性更年期障害の治療

男性型更年期障害の症状が重度の場合、テストステロンを注射で補うことで治療を行うことが可能です。これは血中のテストステロン値を調べ、どのくらいの自覚症状があらわれているかなどの検査や問診をへて適応があるのかの確認をおこないます。専門の医療機関において、適応のある方には保険診療で受信することが可能です。

また「グローミン」という名前の、テストステロンが配合された軟膏薬を睾丸に塗ることで、皮膚から直接テストステロンを補う方法もあります。こちらは第一類医薬品として薬剤師のいるドラッグストア等で購入することが出来るようです。(ユナイテッドクリニックではテストステロンの注射及び、グローミンの処方はしておりません。)

テストステロン分泌量の低下をサプリメントで食い止める

テストステロンを補うほどの重度の症状ではない方には、加齢とともに減っていくテストステロンの分泌量を、日常生活の中でどのように食い止めるかが重要になります。テストステロンの分泌を促すにはどのようなことが効果的なのでしょうか。今回はテストステロンの分泌促す効果のあるサプリメントについてご紹介します。

1.亜鉛

精力増強に欠かすことのできない亜鉛は、アメリカでは「セックスミネラル」として有名で、ED治療の補助して非常に効果的です。亜鉛に直接的にテストステロン増やす効果はありませんが、毛髪の亜鉛の濃度が高い方は、比例してテストステロンの分泌量が多いということがわかっており、亜鉛の摂取がテストステロン維持には欠かすことができない可能性があるのです。

2.ビタミンB

ホルモンや酵素を形成するタンパク質を十分摂取することは、テストステロンの維持にとってとても重要です。タンパク質はアミノ酸から構成されており、タンパク質の十分な供給にはビタミンB類の豊富なアミノ酸の摂取が効果的なのです。

3.マカ

高い血流改善効果から、「天然のバイアグラ」と呼ばれるマカにも、「アルギニン」と呼ばれるアミノ酸が豊富に含まれています。また、マカのアルギニンには代謝を促す作用があり、テストステロンの分泌を促す効果も期待できます。

ED治療・早漏治療ならユナイテッドクリニック(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)まで

ED治療・早漏治療のユナイテッドクリニック東京の各院ではED治療薬のバイアグラ処方・レビトラ処方・シアリス処方・バイアグラジェネリック(シルデナフィル)処方、早漏治療薬のプリリジー処方を東京最安値でできるよう目指しています。

当院ではED治療・早漏治療のご相談や治療薬の処方を致しております。思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。

ED・男性更年期障害に効果がある亜鉛ビタミンBマカ等の取り扱いも致しており、様々な悩みに対応することができます。

アクセス良好(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)

新橋ユナイテッドクリニックは下記の駅から徒歩で受診でき、非常にアクセス良好です。JR新橋駅銀座口をでて直進していただくと1分弱で当院(リプロ新橋4階)にお越しいただけます。ビルの前には東京メトロ銀座線新橋駅2番口、ビルの1階はファミリーマートです。

JR新橋駅(銀座口) 徒歩0分
 東京メトロ銀座線 新橋駅(2番口そば)  徒歩0分
 ゆりかもめ 新橋駅・汐留駅 徒歩2分(新橋駅)
 都営浅草線(京急線乗り入れ) 新橋駅  徒歩3分
 東京メトロ大江戸線 汐留駅  徒歩5分

また東京モノレール浜松町駅から山手線に乗り換えて1駅で新橋駅に着きますので飛行機で東京にお越しの方にもアクセス良好です。

(新橋・銀座・浜松町・汐留・有楽町・東京・京橋・築地・虎ノ門・赤坂・日比谷・霞が関・大門・麻布・六本木・愛宕・芝公園・竹芝等の方には特にアクセスしやすいと思います。)

処方価格はお薬のみ・ プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力致します。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院頂けるようプライバシーに最大限の配慮を致しております。

池袋院・上野院・新橋院・大宮院・横浜院へお越しください

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院  JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分
 上野院  JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルジング8階)
 新橋院  JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階)
 大宮院  JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階)
 横浜院 JR横浜駅西きた口、西口徒歩3分

また新橋駅には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川、等、東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・千葉・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されています。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6264-6480
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト